資産形成の経過を載せていきます💰

スポンサーリンク
Uncategorized
スポンサーリンク

皆様お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスの脅威もなかなか収まらず、

我慢のお盆休みになりましたね、、

ただ外出する機会は減った分、お金は結構貯まりやすいなという印象です。

現在の資産状況

このブログで、自身の資産形成経過について記録を残していこうと思ってます。

理由は自分自身が振り返る用としてやろうと思ったのがきっかけですが、

せっかくやるのであれば、同じ資産形成に勤しむ方々にもし役立つことがあればと考え、

ブログに書いていくことに決めました。

早速ですが、今日時点でこんな感じです。

マネーフォワードのスクショです。

ちなみにマネーフォワードはかなりおすすめです。

理由は提携している金融機関が非常に多い為です。

例えば、自身の貯金用口座で使っている金融機関とマネーフォワードを連携すれば、

現時点での残高をタイムリーに確認できます。

マネーフォワード使い始めてから明らかに意識が変わりましたね、、

ちなみにこんな感じで資産の推移を見ることもできます。

マネーフォワードをやり始めてから2年弱。

始めた頃の資産額は100円代、、💦

1年半で頑張って160万まで貯めました!

しかし1,000万までの道のりはまだまだ遠い、、

マネーフォワード関連サービス〜おかねの先生〜

資産形成の一番の肝は継続性ですよね。

でもこれが一番難しい。。

でもせっかくなら楽しみながらやりたいですよね。

私は先ほども申し上げた通りマネーフォワードユーザーです。

その中でマネーフォワードと連携されている「おかねのせんせい」なるサポートサービスがあります。

「使う」「貯める」「増やす」の部分で現状を把握でき、

かつ目標から逆算し現状順調なのか修正が必要なのかも教えてくれます。

「使う」とは収支状況。

まず毎月の見込み収入と、そこからいくら貯蓄に回すか設定します。

見込み収入から貯蓄予定額を引いた額が予算として設定されます。

そしてマネーフォワードの家計簿と連携されてるので、

都度家計簿の支出状況が反映され、

設定された予算の残りがあといくらか教えてくれます。

ちなみに私、月18万貯蓄するという鬼のような設定にしてます。。笑

まぁなかなかクリアできないですが、

目標は高く持った方がいいということで、、笑

あとは設定上ボーナスは考慮されず、

あくまで月いくらの収入かだけ入力する仕組みです。

なのでボーナス額を月額に割り振ってあるので

目標貯蓄額が高めになっているのもあります。

続いて「貯める」の部分。

この部分で基準となっているのが「安心ライン」というもの。

安心ラインとはいわゆる緊急予備資金です。

例えば失業したり、病気で働けなくなりして収入が途絶えてしまった時、

自身が生活する為の予備資金のことです。

一般的にサラリーマンは給料の6か月分、

自営業の方は1年分が最低ラインと言われてます。

ただマネーフォワードの場合は給料の4ヶ月分が基準になってますね。

自己都合退職における失業保険が支払われるまでのブランクが考慮されてるみたいです。

最後は「増やす」の部分。

これは投資に回している分の金額が反映されます。

具体的には証券口座やiDeCoに回している分が反映されますね。

緑色のニッコリマークの部分をタッチすると資産内訳が見れます。

ちなみに私の現状はこんな感じです。

つみたてNISAとiDeCoから資産形成を始めたので

ちょっとたまってきてます。。

おわりに

久しぶりにブログ更新できました〜

継続するのって大変ですね。。。

今後は資産形成の経過については

このマネーフォワードを使っていきたいと思います。

がんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました