【Sleep Meister】サラリーマン金目鯛御用達の目覚ましアプリ

スポンサーリンク
人生論・日常
スポンサーリンク
わたくし
わたくし

こんばんは!サラリーマン金目鯛です。

今日はショートバージョンのブログになります!

金目鯛
金目鯛

たまには短いのもアリだね!

本日も皆様本当にお疲れさまでした。

今日は凄く疲れましたね。

移動中の電車の中ではほぼ爆睡でした。

最近睡眠不足感が否めないのですが、

今日は頭の中で「すいみん、すいみん、すいみん、すいみん、すいみん不足♪」

って音楽がずっと反芻していました。

そんな今日は少し短めになりますが、

私がここ数年お世話になっている目覚ましアプリをご紹介します!

それはコチラ!

Sleep Meisterというアプリです。

こちら使っている方も多いのではないでしょうか。

渡辺直美さんが愛用しているという話でも有名ですよね。

このアプリ、普通の目覚ましアプリとはちょっと違うんです。

まず、タイマーを設定するんですが、、

こちらが設定画面なんですが、設定時間に幅がありますよね。

これ、タイマー設定したスマートフォンを自分のベットに置くことで、

寝返りの振動や寝息などを感知し、

眠りが深いのか浅いのか、眠りの質を図ることができる優れもので、

設定した時間の幅の中で、眠りが浅くなったタイミングでアラームが鳴ってくれます!

人って眠りが浅い時に目が覚める方が起きやすくなりますし、

わりとすっきり起きることが出来ます。

私とかでもあるあるなのが、

夢を見ている途中で目が覚めた時って結構すぐに起きれるんですよね。

夢を見ている時って眠りが浅い時なのだそうです。

また、自分の眠りの質についてデータを取ることもできます。

こちらは私の一昨日の睡眠データです。

7時間近く睡眠はできていたのですが、

上部分の波グラフをご覧いただくと、午前3時くらいからかなり眠りが浅くなっていることがわかります。

出来ればこの時間帯は深い眠りを維持したいですよね。

と、こんな感じでアラームを設定したときに自動的にデータを取ってくれるので、

自分がしっかり休めているのかいないのか可視化することができます。

また、日単位~年単位の統計データも見ることが出来ます!

どのくらいしっかり眠れたか、ベットに入ってからすぐに眠れていたか、

平均的な睡眠時間はどのくらいだったのか等を見ることが出来ます。

ちなみに私の2月の睡眠データ、全然眠れていないことがわかります(笑)

平均睡眠時間5時間以下ってマジか。。。

まぁ最近出社が多かったり、通勤ラッシュ避けるために敢えて早朝出勤しているからですかね。。

時差出勤で10時とかに出社する方もいらっしゃるかと思いますが、

私は極端に早く現地へ向かって朝の優雅な時間を過ごすのが好きなのでこうなっちゃいました(笑)

 

今日は短めの内容となりましたが、

まだこのアプリを使っていない方がいらっしゃいましたら、

おススメですので是非使ってみてください!

今日は早めに寝ます(笑)

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました