忙しいサラリーマン必見!月4万以上食費削減させたたった1つの方法!

スポンサーリンク
支出を減らす
スポンサーリンク

先月の食費26,729円。昨年より月4万以上減りました!

こんばんは。サラリーマン金目鯛です。

取引先の無茶難題に振り回され、くったくたになりながら何とか帰宅。

電車の中の記憶はほぼほぼございません。

でも人間って凄いなと思うのが、どんなに爆睡してても、

最寄りに到着する直前にちゃんと起きるんですよね。

帰巣本能ってやつなんですかね。。

 

そんなしがないサラリーマンな私ですが、

実は今月、食費の大幅削減に成功しました!

今月からしっかり家計簿をつけてみてるのですが(ちなみに独身のサラリーマンです)

money forwardで昨年の食費は大体わかっていて、月平均約7万。

今月は26,729円。

なんと4万以上も食費削減できました!

嬉しい。。でもそんな無理してる感じでもなかったのです。

食費削減に繋がった、たった1つのこと。

まず、昨年月7万も食費がかかってしまっていた理由。

それは外食ばっかりしていたからです。

仕事終わりはもちろんのこと、

休日も昼食夕食ファミレスへ。

また、朝ごはんはしっかり食べたい派の私は、

毎朝コンビニでパンやウ〇ダーゼリーを買っていました。

食費がかかっている自覚はあったので、

何度か自炊を試みたのですが、毎回挫折。。

なぜなのか。そんなの決まってます。

めんどくさいからに他なりません!

そもそも仕事終わりに自炊なんてとてもじゃないけど無理です。

ただ、今月に関しては外食はほぼしていません。

家で食べる習慣がついてきました。

何をやったのかと申しますと、

ごはんを茶碗1杯ごと冷凍保存するようにしました。

これだけためておいて、しょうもないオチで申し訳ございません。。。

ただ、これをするだけで「外食をしない習慣」がつきました。

めんどくさがりな方には効果覿面!

私の場合、外食をしていた理由は「自炊がめんどくさいから」でした。

この「めんどくさいという感情」を払拭できれば、

外食の習慣は減っていくはず。

そんな中で、このごはんの冷凍保存は私には効果覿面でした!

こんな感じです。(乱雑で汚い写真で申し訳ございません。。)

休日にごはんを炊いたときに

食べなかった分を上の写真のように小分けにして冷凍保存しておきます。

後は食べるときに解凍するだけ。

ごはんを小分けにして冷凍保存する作業は少し手間ですが、

休日の間に、平日の分のストックを貯めておくのが良いでしょう。

実際、炊き立てのごはんを冷凍保存したものについては、

解凍後もほっかほか、炊き立てと何ら遜色がないくらい美味しいです!

これを解凍すると、

こうなります!写真だと分かりにくいのですが湯気も立っていて

今炊いたばかりだと言われても疑わないほどのクオリティです。

1番の要因は1つのきっかけで習慣化出来たこと。

この方法を実施してから、ほとんど外食をしなくなりました。

仕事終わりでも、ごはんを解凍するだけで完成。

時間にして約2分。

プラスでインスタント味噌汁を買っておけば、

約3分でごはんと味噌汁のセットが完成します!

後は仕事終わりに1品スーパーで買って帰れば、

あっという間にちゃんとした夕食の完成です!

1月の前半はお惣菜を買っていましたが、

途中からお肉や魚を買って自分で簡単に炒めたりするようになりました。

費用面でいうと、

外食の時は大体1食600円~1000円くらいでした。

このやり方を始めてから、

ごはん1杯・・・5キロのお米で茶碗約70杯。5キロ2000円のお米だと1杯約29円。

味噌汁1杯・・・24食分で約300円くらいなので、1杯約13円。

スーパーで豚肉や牛肉の1パック300円~400円で売っていて、

1パックでだいたい3食分くらいになるので、1食だいたい100円くらい。

納豆や豆腐などのサイドメニューをつけても、

全て合わせても1食換算で約200円いくかいかないかくらいです。

 

実のところ、そこまで細かく費用は見ていなかったのですが、

何よりも家で食べる習慣がついたことが1番良かったです。

日本食の軸であるごはん味噌汁を制覇できれば、

ここまで家で食べる習慣が付くのかと自分で感心しました(笑)

まだまだ自炊といえるものとは程遠いですが、

めんどくささが勝ってしまい、つい外食ばかりしてしまう忙しいサラリーマンの方々は

ぜひ試してもらえると嬉しいです。

タイトルが胡散臭いセミナーみたいな感じになり、

何を言うんだろうかと思わせた割に、

何てことない内容になってしまい申し訳ありません(笑)

ただ、自分自身が実感し、良いと思ったことだったので

共有させていただきました。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました