自分にとって当たり前のことでも、相手が違和感を感じることがある。

スポンサーリンク
人生論・日常
スポンサーリンク

コミュニケーションって難しい。

こんばんは。

サラリーマン金目鯛です。

コロナ禍がまだまだ収束を見せないですが、

今日の東京都の感染者数は276名との発表がありました。

少しずつ減少がみられてますが、

まだまだ予断を許さない状況ですね。

早い収束を願うばかりです。

ところで、

今日職場の同僚が上司と若干もめていました。

そこでコミュニケーションを取ることの難しさについて感じることがありました。

これから書くお話はあくまで個人的見解なので、

そういう考え方もあるんだなー、という感じで読んでいただけると幸いです。

また、全部私目線の話になってしまっているので、

不快感を感じてしまった方や、

違い意見の方がいらっしゃったら、

遠慮なくコメントを頂けると幸いです。

勉強させていただきます。

価値観の違いや言動の特徴のズレが生み出す不快感

よく、価値観の違いで離婚しましたって話や

方向性の違いでバンドを解散しましたという言葉を耳にします。

この価値観の違いや方向性の違い、または言動の意図の違い、

これはあって当たり前なのかなと思います。

ただ、その違いが違和感になり、

その違和感が不快感となり、

その不快感がどんどん積もっていき、

ある時爆発してしまう、

そうして離婚や解散といったことに繋がる場合があるのかなと思います。

会社員だと解散ってことまでにはなかなかならないと思いますが、

社員同士のコミュニケーションでもこの価値観などの違いによるもので

ストレスを感じるケースって結構多いと思います。

実際どんなケースがあるのか、

私の中で感じたものを書き出してみました。

「判断を早くしたがる人」と「時間をかけたがる人」

物事を早く決める人、てきぱき物事をこなす人がいます。

勢いや直感を軸に物事を決める人もいれば

時間の無駄を嫌い、物事を決めたがる人もいます。

私からするとよくそんな早く決められるよねと冷や冷やするのですが、

こういう方にとっては時間をかけることの方を嫌う、

つまり「時間の無駄」がその方々にとってのリスクと捉えている事が多いようです。

逆に時間をかけたがる人については

いろんな人の意見を聞いた上で決めたい人もいれば、

情報をしっかり精査したうえで判断したい人もいます。

自身の中で大事にしているこの過程を飛ばすことを

何よりのリスクと捉えています。

前者の方からすると、

「何をもたもたしてるんだ」「優柔不断だ」

と感じることが多いと思います。

時間をかけることを嫌うのか

過程を飛ばすことを嫌うのかの価値観の違いを

しっかり考慮する必要があるのかなと思います。

自分の意見を「はっきり言う人」と「言わない人」

私は自分の意見をあまりはっきりと言うタイプではありません。

自分の意見を言うより、場の雰囲気であったり空気を重要視します。

例えば、このタイプの人が「わかりました」と言った時に

実はこの「わかりました」の言葉の裏には色々思いや意図があります。

本当に納得している場合もありますが、

理解していないことで怒られるのを避けるためにその場しのぎで言ってしまっていたり、

場の空気を乱さないために相手の意見に合わせていたり等、

自分の意見を言うことで場が乱れてしまうリスクを避ける傾向があります。

 

逆に自分の意見をはっきり言う人からすると、

「わかりましたって言ってたじゃん」

という話になってしまいます。

「納得していなかったのなら何で納得していないって言わないの?」

私も何度も言われたことがあります(笑)

つまり自分の意見を言う方は「その発言」で相手の意図を把握しますが、

自分の意見を言えない人や言わない人には「その発言の裏の意図」が隠れており、

ここに意思疎通のズレが生じているケースが多いです。

「雰囲気を大事にする人」と「有用性を大事にする人」

ビジネスでよく「雑談」の重要性についてよく聞きます。

私も初対面の方との会話はまず雑談から入ります。

雑談をすることでその人の人となりを知ることが出来ますし、

何より雰囲気が和んで、その後の話がしやすくなります。

雑談をしないとなんかギクシャクした雰囲気を感じてしまいます。

ただ雰囲気よりその時間の有用性を大事にする人からすれば、

この雑談って凄く無駄に感じるケースが多いようです。

「今日の打ち合わせを進めるうえで、今のこの時間いる?」

「趣味の話とかはいいから、早く本題に入って」

と不快感を感じてしまう場合が多いです。

雰囲気を優先するか、その時間の有用性を優先するかで

この雑談に対する捉え方が大きく異なってきます。

相手の「当たり前」について理解すること

いろいろ書きましたが、

人の行動や言動にはそれぞれしっかりした意図や価値観があります。

ただ、自分自身にとっては今までの行動や判断軸などが

スタンダードになっています。つまり自分にとっての当たり前があります。

自分自身の当たり前から外れた行動を見ると、違和感を感じますよね。

ただ、相手にとってはそれが当たり前かもしれませんし、

相手も私の行動に違和感を感じているかもしれません。

極端に倫理を外れたり、常識を外れたものでなければ、

この当たり前の軸って人それぞれだと思います。

何から何まで人に合わせる必要はないと思いますが、

相手とコミュニケーションを取る上で、

この相手の当たり前を理解しているのといないのでは、

ストレスや違和感の感じ方が全然違います。

組織で働いている方については、

この相手の「当たり前」を理解することで

より円滑なコミュニケーションを図れるのではないでしょうか。

 

なので、、

上司!お手柔らかにお願いします!(笑)

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました